競売を避け、任意売却を選択

任意売却の選択

住宅ローンの支払いが滞るようになると、基本的に、債権者は、法的手続きを含めた債権回収の手段を検討するようになります。法的手続きとは、もちろん、競売のことです。

競売における差押

競売は、その手続き上、不動産に差し押さえ登記がなされますが、この「差押」、結構、不安がる方が多いです。

普段によく目にするものではないので、当たり前と言えば当たりまえですね…。

一応、このことについて、簡単に申しあげておきますと、「競売における差押」は、あくまで、登記事項証明書上にだけ、差押の表記がなされるものです。

現実の不動産に、差押えに関する紙が“ペタッ”と貼られるわけではありませんので、心配する必要はありません。

【補足】

競売になった後、正しい方策をもってすれば、債権者の了解のもと、任意売却を行うことは、十分可能です。

競売を避け、任意売却を選択したケース

以前にあったケースです。

身内の家が競売の申立がされていることを知り、早期の任意売却を検討された方がいらっしゃいました。

競売の申立といっても、前記のように、特に目立ったことはありません。債務者本人は、あまり気にも留めず、競売での手続きにて、進めるつもりだったのです。

一方、連帯保証人でもあった身内の方は、資産を保有していました。

この点、連帯保証人としては、自らに降りかかる火の粉を早急に払う必要があったのです。

競売開始決定後の危機的状況を打開すべく、すぐさま任意売却を手がける私のもと、相談を行いました。

もちろん、任意売却での選択を取るためです。

結論から申し上げますと、高額での申込が入って、無事に任意売却が行われ、連帯保証人への責任追及を回避できましたが、あと少しでも相談のタイミングが遅かったら、連帯保証人までも、大事な資産を失うところでした。

時間的な制約がある中の任意売却

競売開始決定が下され、着々と進んでいる状況では、開札入札期日(競売での売却期日)まで、ごくわずかです。

1日でも早く進めていく必要がある中では、前記のケースでは、とてもじゃありませんが、本人たちだけの意思だけではとても無理だったでしょう。

連帯保証人の努力もあり、任意売却に持ち込むことができましたが、このように、無理であるとあきらめていた場合でも、競売を避けることは可能です。

周囲の人間に迷惑をかけないためにも、また、状況に応じて、サポートが必要となることが多いことを踏まえても、ぜひとも任意売却に関する正しい知識を身につけてもらいたいです。

改めて、任意売却のメリットを理解していただきたいと、心の底から思います。