任意売却で引っ越し費用がもらえる理由

お金もらえる理由

任意売却で引っ越し代がもらえる基本的な理由

自宅を任意売却しようといざ決意したとしても、その段階では、債務者の方の多くが、まとまった預金をもっていないのが現状です。

この点、任意売却が進み、仮に購入希望者が現れても、引っ越しをするだけのお金がなければ、自宅を引渡すことができません。

そこで、この難点をなくすため、売却にあたって、引っ越し費用を準備する必要性が生じます。

これこそがまさに、多くの債権者が、売却代金の中から、控除経費として、あえて引っ越し費用を認めている理由です。

なお、このことは、『任意売却の費用はどれくらい?【後編】』でも、書かせていただいた通りです。

債権者にとっても、任意売却にメリットがあるので、引っ越し費用を認めているのです。(例え、住宅ローンの支払いができず、長期間、滞納していた場合でも…です。)

債権者の立場でみた任意売却のメリット

では、なぜ債権者は、競売よりも、任意売却の手続きを薦めてくるのでしょうか?

この答えは、債権者が見込んでいる回収可能金額の差額に他なりません。

以下、任意売却と競売とでの回収金額の比較です。

任意売却の費用はどれくらい?【前編】』の具体例を元に、前提として、任意売却での価格を市場時価として、その8割掛けの金額を、競売での売却見込金額(1600万円)としています。

任意売却 競売
売却金額 20,000,000円 16,000,000円
各種費用 1,613,000円 1,150,000円
差引回収金額 18,387,000円 14,850,000円

債権者は、過去の競売価格動向を踏まえ、個別の案件に応じた、価格評価を行い、競売の売却見込金額を試算します。

上記表に基づけば、任意売却を行うと、18,387,000円の回収金額が見込めます。一方、競売だと、14,850,000円での回収金額が見込める計算です。

任意売却(18,387,000円) ― 競売(14,850,000円) = 3,537,000円

なんと、差引金額は、3,537,000円です。

…ムフフ。もう、おわかりですよね。

回収金額の差額を見ると、明確歴然です。債権者が任意売却に対して、メリットを見出している理由がよくわかります。

債権者は、例え、30万円ほどの引っ越し代を費用(コスト)として認めたとしても、任意売却のほうが、競売よりもはるかに多額の回収金が見込めると考え、一般相場で売却できる任意売却に期待を寄せているのです。

だ・か・ら…ローンを滞納した時に、多くの場合、債権者から、任意売却をするよう提案を持ちかけてくるのです。

任意売却で引っ越し代がもらえる理由【まとめ】

まとめです。

任意売却で引っ越し代がもらえる理由を、債権者の立場から述べますと、以下の通りです。

  1. 引っ越し代を認めたとしても、任意売却であれば、それを上回るだけの債権回収金額が見込めるから。
  2. 引っ越し代を認めることで、任意売却の手続きがスムーズに運び、早期の債権回収が見込めるから。

なぜ、任意売却で引っ越し費用がもらえるか、わかっていただけましたか?

やっぱり断然、競売よりも、任意売却ですよね!?

補足

競売開始決定後であっても、多くの債権者が任意売却を認めているのは、執行費用(予納金等)を支払ったとしても、それを上回る回収が見込めると判断するからです。

留意点

任意売却であっても、必ずしも引っ越し代がもらえるわけではないです。ここ最近は、住宅金融支援機構以外でも、引っ越し費用を認めない債権者が増えつつあります。全く引っ越し代を出さないという債権者もいますので、ご注意ください。

なお、引っ越し費用のことについては、以下の記事も参考にどうぞ。