任意売却の費用はどれくらい?【前編】

任意売却の費用

『任意売却にあたって、費用はどれくらいかかりますか?』

債務者・相談者の方からよく質問をいただきます。

任意売却で負担となる費用

結論から申し上げれば、任意売却にあたって、負担となる費用は、ほとんどありません。 ただし、誤解がないように申しあげますと、あくまで…

『持ち出しとなる現金の負担がない!』

…という意味合いでありまして、費用自体が発生しないことではありません。

任意売却の費用

任意売却は、通常の不動産売却と同じです。売却時において、費用は当然発生します。 ちなみに、任意売却で発生する費用(控除経費)は、以下のようなものです。(※一例です。)

具体例

  • 【想定条件】
  • 不動産の類型:マンション
  • 借入残高:3,000万円
  • 売却金額:2,000万円
  • 管理費等の滞納金:60万円(月額2.5万円の管理費等を2年間滞納)
  • 抵当権者(債権者):民間保証会社で1社
  • 住民票の変更及び税金の滞納なし
控除費用項目 金額
不動産売買仲介手数料 693,000円
滞納管理費等 600,000円
抹消登記費用 15,000円
引っ越し代 300,000円
諸費用合計 1,613,000円

住宅金融支援機構の費用控除一覧は、『任意売却にあたって、費用はどれくらいかかりますか?』を参考にどうぞ。 以下、説明です。

不動産売買仲介手数料

任意売却を不動産業者などの専門会社に依頼した場合は、不動産売買仲介手数料がかかります。なお、仲介手数料は、「(売却金額×3%+60000円)×1.05(消費税込)」が上限と規定されています。

滞納管理費等

管理費等を滞納している場合には、そのままの状態で買主様に引き渡ししますと、買主様にご負担いただくことになりますので、滞納金を解消して引き渡すため、費用を計上する必要があります。

抹消登記費用

住宅ローンを利用した場合、通常、不動産には、抵当権等の登記がなされています。もちろん、そのままの状態で、買主様に引き渡すわけにはいきません。抵当権を抹消したうえで、引き渡しします。 通常、不動産登記の専門家である、司法書士に依頼を行い、抵当権等の登記を抹消してもらいます。この際、抹消登記費用(登録免許税・司法書士報酬等)がかかります。

引っ越し代(引越費用)

住宅ローンの支払いを止めても、引っ越し代の捻出がどうしても難しい場合には、売却代金の中から、債権者に、引っ越し代を認めてもらいます。

【参考】

引っ越し代がない場合の対応等につきましては、こちらをどうぞ。

 

※『任意売却の費用はどれくらい?【後編】』に続きます。