任意売却業者紹介webサイトについて

webサイトの業者

任意売却業者紹介専門webサイト

任意売却業者紹介専門webサイトとは、住宅ローンを滞納し、また、競売開始決定を受け、任意売却の状態にいたった方々に関する無料相談を主に行うwebサイト(会社)のことです。

なお、本ブログでは、基本的には、業務としては、相談業務だけであり、不動産売却業務は行わないサイト(会社)を指し示しています。

任意売却業者紹介webサイトの運営

任意売却業者紹介webサイトは、任意売却の依頼案件というかたちで、各不動産業者からの紹介手数料で成り立っているのが実情です。

紹介手数料は、紹介webサイトと任意売却業者との間の取り決めにも変わってきますが…

紹介1件あたり数万円~十数万円という紹介手数料が、取り交わされているようです。

また、紹介した際、任意売却が成立(成約)したかどうかに関係なく、紹介された会社(任意売却の会社)から、業者紹介webサイトに対して、当該紹介料が支払われるようです。

(※上記は複数の不動産会社から聞いた話です。)

このため、任意売却が成立しないと考えられる場合であっても、任意売却の業務を引き受ける会社は、当該手数料を支払わなくてはなりません。

紹介された会社(任意売却の会社)が、もし採算割れと判断した場合は、途中で、ほったらかしにされることもありえるのですね。(債務者の方にとってみれば、これほど怖いことはありません。)

任意売却業者紹介webサイトのデメリット

任意売却業者紹介webサイトの多くは、任意売却の無料相談をしているとして謳っていますが、その反面、実際の任意売却の業務自体は、あいにく行ってはおりません。

この点に関してのデメリットは、任意売却の相談業務だけですと、債権者の現場動向に応じた感覚が捉えられず、相談時に、債務者の状況に応じた的確なアドバイスができないことが、最大のデメリットとして考えられます。

個別の案件にあった、ふさわしい提案業務には、あいにく不向きであることは否めません。

実際、任意売却業者紹介webサイトから、『任意売却はできませんね…。』と断られ、別の任意売却の会社に相談をされたケースも少なからず聞きます。

当方でも、ある任意売却業者紹介webサイトで断られ、その方の任意売却を引き受けたことがありました。

単純な任意売却の案件

住宅金融支援機構のように、任意売却の手続きが、マニュアルで決まっている債権者であれば、どの不動産業者でもある程度、任意売却はできるでしょう。その他金融機関(※保証会社等)の場合にしても然りです。

(※住宅金融支援機構に関する任意売却は、事実上、債権者交渉なんてものはないと、当方では捉えております。)

よって単純な任意売却の話であれば、流れ作業のように、話はまとまっていきますので、紹介された業者で任意売却をされるのも、一つの手です。

単純な任意売却の場合、業者紹介webサイトの活用を毛頭否定するつもりはありません。

難しいと判断される任意売却の案件

ただし、そのような平易な任意売却ではなく、借り入れ先が多岐にわたる場合や、所有に係る状況が複雑な場合、権利関係が複雑になる場合などは、残念ながら、一定の手順が必要となるもの事実です。

加えて、買戻し(リースバック)等で、任意売却を希望される場合には、金額的な部分で、条件交渉が伴います。

この点に関しては、任意売却のみならず、法律や税務に係る勉強を積み重ねた担当者のほうが、より債務者の方にふさわしい解決方法が提案できるのは言うまでもなく、任意売却業者紹介webサイトでは、あいにく限界があります。

まとめ

任意売却業者紹介webサイトを通じて任意売却を行っても、任意売却がまとまったケースは数多く存在します。

しかし、複雑とされる難しい案件については、やはり任意売却の相談だけを主とするサイト(会社)では、残念ながら、限界があるのも確かです。

任意売却業者紹介webサイトにとって、一番重要なことは、任意売却案件を、各不動産業者に紹介し、いかに数多く、さばけるか…です。(紹介した数が、売り上げに直結するということです。)

したがって、この現実を改めて認識する必要があるかと思います。

(任意売却の案件を無事完了させ、はじめて報酬が受け取れる任意売却の専門会社とでは、根本的なスタンスとして、大きく異なるところですね。)

債務者・所有者の方におかれましては、上記事柄を踏まえて、任意売却の相談及び依頼の際の判断材料としていただければ、当方としては、何卒幸いでございます。

参考:『任意売却は、どの業者に相談・依頼するのが良いですか?【後編】』も参考どうぞ。