任意売却を避けるため購入計画は慎重に

購入計画慎重に

不動産の購入計画は適切かつ慎重に

住宅ローンを滞納した方から、任意売却の相談を受け、売却依頼を受ける一方で、物件を購入する一般の方々からも、購入に関する資金計画の相談を受けることも、また然りです。

この点、任意売却の物件として、当方が、これまで接してきた購入者の方々は、幸運にも、皆様、無理のない資金計画にて購入されています。

(※この先、購入者の方々が、任意売却を選択される可能性は、限りなく少ないと当方は捉えております。)

ただし、無理のない購入計画を立てられたとしても、将来、勤め先が倒産したり、またリストラにあったりしてしまう可能性(リスク)については、原則、すべて排除できません。

この点は、仮にそのような状況になってしまったのであれば、それはそれで、仕方のないことであると捉えるほかないかと思います。(すべてのリスクを排除しようとしましたら、不動産の購入はできませんので…。)

任意売却をされる方に関しての補足

なお、補足までに申し上げますと、任意売却をされる方に関しても、基本的には、購入時の資金計画に問題があるケースというのは、限りなく少ないと感じるのが、当方の基本的な考えです。

例え、任意売却を選択される方であっても、購入をした段階では、きちんとした適切な資金計画に基づいて、購入していらっしゃいます。

任意売却という状況になりつつも、その原因は、基本的には、ご本人とは関係のない外的事情によって、もたらされているのが実情なのです。

勤め先の倒産やリストラ、病気などは、本人の意思とは関係なく発生するものだからです。(※リストラは、当方も経験済みです。)

無理がある思われる購入計画

一方で、購入計画に無理があると思われるのが、返済負担率が高い借入を行うケースや、また、ご夫婦で組むようなペアローンのようなケースであります。

新築物件を購入する場合などでは、物件金額が中古に比べて、割高となるため、借入可能額まで、めいいっぱいローンを組むケースはよくあることです。

また、それに関連して、ご主人様だけの収入金額だけでは、借入金額が不足し、奥様もあわせてペアローンを組むこともよくあることです。

この場合、任意売却になる可能性が必然的に高くなります。

住宅ローンを組んだときに、共働きで問題がなくても、その後、奥様が、出産をする可能性は高いです。

また、奥様(もしくはご主人様)が子育てに専念する状況にでもなれば、退職する可能性もありえます。

ご家庭の収入が減ってしまえば、ローン返済負担が激増します。これは、冷静になればわかることです。

不動産の購入に際しては、つい気分が高揚としてしまいがちです。

営業担当者の口車に乗せられ、夢物語に夢中になり、つい購入してしまうのは、任意売却への一歩につながります。

任意売却を避けるため、借入に関しては、めいいっぱい借入をしないよう、無理のない購入計画が大事です。

まとめ

高額借入やペアローン自体を否定するつもりはありません。返済負担率に余裕があれば、リスクが吸収されますので、特に大きな問題はないでしょう。

大事なのは、ある程度の余裕をもって、購入計画を立てることです。

共働きで、家を購入する場合には、リストラなどの予測できなくても、奥様が出産したり、育児に専念したりすることは、予測できることです。

購入計画に際しては、将来起こりうることを想定して、慎重かつ適切に計画を立てることが大切です。

補足(ペアローンに関して)

ペアローンに関しては、購入計画とは別に、それなりの難点があります。

マイホーム購入を夢見るご夫婦に、離婚の可能性など、まったくもって言いづらいわけですが、やはり現実を直視することは重要かと存じます。

参考:『離婚後、任意売却を視野に入れた話し合いの重要性