任意売却を知らないことによって生じる誤解

任意売却の誤解

多くの方が持っている、売却できないという誤解

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンを滞納した場合に、借りている人(債務者)と各金融機関(債権者)との任意による合意に基づき、不動産を売却する手段です。

通常、戸建やマンションなどの住宅を購入する場合、ほとんどは住宅ローンなどの融資を受けて、不動産を購入します。

当然、銀行などの金融機関からお金を借りることになりますが、その際、金融機関は借入金の担保として、購入しようとする物件(不動産)には抵当権などの担保をつけます。

この担保ですが、基本的には、借入残高(融資金の残り)をすべて返済しない限り、抵当権などの担保を解除してもらうことができません。したがって、ローン残高よりも高く売却ができれば、何ら支障がでてくることはありません。

しかし、不動産を保有する多くの方の場合、ローン残高を下回る金額でしか売却ができないことがほとんどです。

生じる誤解

実は、これに関し、いまだ多くの方が誤解をしています。

それは、「ローン残高を下回る金額では、不動産売却はできない」という思い込みです。

ご存知の通り、ローン残高を下回る金額での不動産売却のことを普通は、任意売却と言います。

参考:『オーバーローン状態での不動産売却は、任意売却にて

一般の方であれば、日常生活で接することがありませんので、任意売却という方法を知らないのは、やむを得ないことです。

しかし、片や一方、不動産を扱う街中の不動産会社でも、任意売却という手段やそのやり方を知らないことも、実はまだ結構多くあります。

総括

ローン残高を全額完済しない限り、金融機関は、担保を解除してくれないのが、原則です。

しかし、一方で、きちんと諸条件が整えば、不動産の売却はできます。(参考:『住宅ローン滞納から任意売却・競売までの簡単な流れ』)

この点においては、普通の不動産会社と専門会社のと大きな違いが出てくるところでもあります。

参考:『任意売却の専門会社と一般の不動産会社の違いは?

したがって、ローンの支払が苦しくなり、自宅売却を検討するようになったら、やはり任意売却の専門会社に相談をされるのがよろしいのかと存じます。

ご理解いただけますでしょうか?