ご近所に知られずに任意売却

近所にわかってしまう?

任意売却を決意される多くの方が、ローンを滞納して、売却した事実を知られたくないのが本音です。

考えてみれば、ごく自然なことです。

したがって、任意売却に際し、希望条件として、「極力、知り合いの近所さんに知られることなく、任意売却がしたい」と切望される方が多いのも実際です。

参考:『近所の人にわかってしまいますか?

ご近所の人に知られず、任意売却されたCさん

会社都合による退職により、住宅ローンの支払が困難になったCさん

10年以上勤めてきた会社から、業績不振によって、突如リストラをされてしまったCさん。

その予兆については、何となく以前から感じていたものの、いざその時になってみると、かなりのショックを受けたようです。

当初、ご家族のためと考え、意を決して、フルローンで購入したご自宅でしたので、できれば自宅を手放すことなく、住宅ローンを支払っていきたいつもりでした。

ところが、再就職もうまくいっていない状況もあり、前職と同様の収入を得る見込みは、立ってはおらず、しばらくの間は、退職金などでローンの支払がまかなわれおりましたが、それも時間とともに限界となり、やがてローンの支払が滞るようになってしまいました。

その後、銀行より催告書などが届き始めたので、Cさん、銀行へローンの支払に関して相談をされることとなります。

銀行へ相談して、任意売却という売却を知ったCさん

ローンの支払が滞っている状況を、銀行に説明をし、相談したところ、銀行担当者より、任意売却の手続きを促され、初めて任意売却のことを知ったCさん。

売却はできれば避けたかったCさんの本音でしたが、継続して支払っていく事がとても難しかったので、奥様とも話しあった末に、やむを得ず、自宅の任意売却を受け入れたのでした。

今後のご近所付き合いを考え、競売ではなく任意売却という選択

Cさんが、競売ではなく、任意売却を受け入れたのは、ご近所の目を気にされた理由があってのことでした。

ご自宅近くに奥様のご実家もあり、また、お子様の学区を変更したくない気持ちもあったので、ローン滞納の事実が公にされてしまう競売よりも、可能な限りにおいて、知られずに済む任意売却を選ばれたのであります。

任意売却にあたっては、そうした諸事情がありましたので、居住中のままで売却活動をするよりも、空室となったほうが好ましいと最終的には判断され、引越をされた後で売却活動を開始することとなりました。

一方で、Cさんの再就職はなかなか思うように進んではおりませんでした。

しかし、幸いにも、そうした状況を理解してくれた奥様のご両親が、Cさんご家族のために、部屋を確保してくれ、ご家族で住む場所を提供してくれたのであります。

ご実家へと転居され、お子様が学区を変えることなかったので、ご近所さんには、諸事情を知られることなく、お引越しを完了されました。

任意売却とCさんのその後

Cさんのご自宅は、スーパーや駅にも近く、とても利便性が良い地域であったので、空き家ということも重なり、任意売却の活動を開始してから、3週間ほどで、無事、買い手が現れました。

買い手の方は、その地域に住んでいた方ではなく、売却に関しての諸事情を気にされる方ではなかったので、任意売却に関する手続きも、スムーズに行われました。

残債は、1000万円以上残ってしまう結果となりましたが、Cさんは再就職がまだだったので、債権者から引越費用も認めてもらい、さらには、わずかながらの支払いで支払っていく債権者との合意を何とか取り付けることが可能となりました。

任意売却後、しばらく経過しても、ローン滞納のことは、ご近所さんに知られることなく済みましたので、何よりホッとされたご様子のCさんでした。

まとめ

Cさんのケースは、結果としてご近所に知られずに、任意売却が可能となりました。

しかし、これは、必ずしも、「任意売却をすれば、ご近所に知られずに済む」ということ指し示しているわけではありません。

任意売却に際しては、「瑕疵担保免責」という条件や「債務額が売却金額を上回る」という文言を明示して、取引を行います。

つまり、最終的には、不動産を購入する買主様には、必要最低限の範囲内で、売却理由を知られることとなるのです。

もちろん、「残債がいくらであり、遅延損害金がいくらである」とかの詳細情報は提示しませんので、そういった心配については不要ですが、必要最低限の範囲内では、告知義務があることは、理解しておく必要があります。

逆に、残債が完済できないにもかかわらず、嘘をついて、取引をするともなれば、売主側の告知義務違反になりえます。結果として、嘘をつかれたということが、ご近所さんに広まってしまえば、逆効果です。

よって、任意売却は、競売と異なり、公に知られることはないですが、100%知られずに済むというわけではないことを踏まえ、任意売却手続きを進める必要があります。

補足

依頼に際し、ご近所さんに知られたくはない場合には、任意売却の相談の段階で、『担当者が柔軟な行動をもって対応してくれるか?』や『任意売却に対する会社の方針(考え方)を確認』をきちんと見極めて、希望条件を担当者が叶えてくれるのかを、確認して、依頼されるのが良いでしょう。

わかりましたか?