任意売却をすると債務はチャラ?

任意売却後、残った債務は、基本的にはチャラになることはありません。

参考:『任意売却後の住宅ローンはどうなるの?』『任意売却後、残った借金は請求されない?

ただし、債権者の状況によっては、チャラになるケースも実際にあることは確かです。

任意売却後、支払を継続した結果、債務がチャラになったMさん

体調不良でローンの支払が困難になったMさん

4000万円の戸建をフルローンで購入したMさん。購入後しばらくは、ローンを滞りなく住宅ローンを支払ってきました。

ところが、仕事が激務であったために、なんと体調を崩してしまうことになり、仕事を辞める状況に…。

何とか無事に再就職はできたものの、収入は以前と比べると、かなり減ってしまいました。

言われるまでもなく、ローンの支払が難しいのはわかりきったことでした。

Mさんは、ご家族で話し合いの末、苦渋の決断をして、自宅の売却を決意しました。

任意売却の最初の相談時

売却をすると決めたMさんは、早速、売却依頼をするために、任意売却の業者に相談をします。

このとき、Mさんは、最初に相談をした任意売却業者から…

「任意売却が終わった後、残債務の心配は要りませんよ!」となんと言われたのです。

その言葉を聞いた当初は、Mさん、任意売却をすれば借金がチャラになるのだと本当に思ったそうです。

そんな甘い話はないのだと認識するMさん

しかし、その業者の言うことに、いまいち腑に落ちなかった部分があり、Mさんは、念のため、別の任意売却の会社にも相談をしてみたのです。

すると、その会社の相談担当者から、「任意売却をしても、債務がチャラになることはありませんよ。」と忠告されるではありませんか!

「ああ、騙されるところだった」と、思わず溜息が出てしまったMさん。

「やはり世の中、そんな上手い話はない!」と改めて悟ったMさんは、最初に相談をした業者への依頼をやめ、正しい知識を伝えてくれた任意売却の会社に依頼をされることを改めて決意することとなります。

なお、そうした経緯があったことも重なり、Mさんの場合、逆に、任意売却をした後の残債務に関しては、できる売る限り支払っていくということを強く決意されたのでした。

任意売却後の残債務の支払い

任意売却の活動が開始されてまもなく、無事に買い手が現れることとなり、引越も無事にでき、任意売却が完了しました。

再就職ができたMさんでしたが、収支は依然として大変でしたので、任意売却にあたっては、保証会社から、月額1万円ずつの支払に関する了承を取り付けることができました。

もちろん、当初、決意されていた通り、Mさんは、その金額をきちんと払い始めました。

Mさんのその後

任意売却をして半年ほど経った時、保証会社から債権回収会社(サービサー)へと債権が譲渡されました。

新しい債権者に債権が譲渡された後も、今まで通りの支払額に関する合意を取り付け、毎月1万円の金額にて支払いを継続していきます。

こうした中、支払いを真面目にしていたある日…

思わぬ形で、債権回収会社から、こんな提案が持ちかけられます。

「1万円ずつの支払いでは、埒があきません。もし、一括して50万円の支払いをしてくれたら、残債務の支払いは、免除しても良いです。どうします?」

任意売却を依頼した際、任意売却の会社から、この手の話を聞いていたものの、まさか、自分のケースに当てはまるとは思っても見なく、予測もしない展開に、ビックリしたMさんでした。

債務がチャラになったMさん

50万円という金額は、Mさんにとっては、依然として、かなりの大金ではありましたが、幸いにも、身内の方からの援助が見込めたので、何とか用立ては可能でした。

最終的には、Mさんは、債権回収会社からの申し出を快く受け入れ、50万の支払いを行い、残った債務(約2000万円)をチャラにしてもらうこととなったのです。

50万円の金額を支払ったとはいえ、任意売却してから数年後に、残債務がゼロになったことで、Mさんの喜びもひとしおでした。

まとめ

こうしたケースは相対的には少ないでしょうが、まったくないわけではありません。

こうしたケースも状況によってはありうるという認識をもちつつ、任意売却後の残債務は、基本的にはなくならないのだというスタンスが、本来の任意売却後の残債務に関する正しい捉え方です。

任意売却の相談の際には、担当者に、きちんと残債務のことを確認してくださいね。

参考:『根拠がない発言をしていないかどうか?

わかりましたか?