離婚後、任意売却を視野に入れた話し合いの重要性

話し合い

離婚に際しましては、ローンに関する話し合いや、場合によっては、滞納をする場合があることを踏まえて、任意売却についても、きちんと話し合いを持たれることがとても重要です。

夫婦で組む住宅ローンの問題点

結婚後、不動産を購入する際に、収入合算やペアローンなどでローンを組む方は、結構多いです。奥様が働いており、希望する物件金額が高いともなれば、なおさらです。

この夫婦で組むローン(※ペアローンのみならず、収入合算の場合も含む場合のローンです。以下同様。)ですが、結婚生活が順調であれば、問題は発生しません。当たり前ですね。

むしろ、ペアローンの場合であれば、住宅ローン控除が夫婦で最大限で受けられますので、単独債務者の方に比べて、メリットが大きいのが特長です。

離婚後に問題となる夫婦で組む住宅ローン

一方で、この夫婦で組むローン、「離婚」をした後には、大きな問題となります。

通常、離婚をすれば、それぞれ離れて暮らすことになります。

離婚をする際、多くの場合、取り決めをもって、どちらかがローンの支払を継続していくことになりますが、あいにく、どちらかの支払が滞った場合をめぐり、後々問題となるケースが、実は、任意売却の現場では多く散見されます。

その一例が、『離婚後、住宅ローンを滞納して任意売却』でも書かせていただきましたYさんのケースです。

ちなみに、Yさんのケースは、収入合算のケースであり、ペアローンのケースではありません。

いずれにせよ、任意売却に際し、債務を負担するという意味においては、収入合算であろうが、ペアローンであろうが、基本、どちらも同じです。

参考:収入合算とペアローンの違い

収入合算 ペアローン
主たる債務者 ご主人様 ご主人様・奥様
連帯債務者 (※)
連帯保証人 奥様(※) 奥様・ご主人様

(※)住宅金融支援機構では、通常、連帯債務者となる場合が多いです。また、銀行によっては、連帯保証人ではなく、連帯債務者として求められる場合もあります。

任意売却をすることは、ブラックリストに載るということ

任意売却は、住宅ローンを滞納した結果、やむを得ず行う不動産売却のことです。

住宅ローンを滞納するということは、取りも直さず、個人信用情報機関に延滞情報が登録されることです。つまり、ブラックリストに載るということです。

(参考:『任意売却をすると、ブラックリストに載りますか?』)

延滞情報の登録は、主たる債務者だけに限られるものではありません。主たる債務者のローン返済が滞れば、当然、連帯保証人も、ブラックリストに載ることになります。

なお、延滞情報の登録(ブラックリストに載ること)は、あくまで、ローン滞納の事実によってもたらされるものです。

したがって、このことは、任意売却に限らず、競売であっても、同様に当てはまることです。(売却形態によって変わってくるものではないということです。)

離婚後における話し合い及び任意売却に関するまとめ

離婚をしても、ローンに関する関係は継続

結婚した際に、連帯保証人となっている場合や、ペアローンなどでローンを組んでいる場合などでは、離婚後であっても、ローンを滞納すれば、必ずブラックリストに載ります。

もちろん、ローンを滞納するようになれば、連帯保証人のところにも、督促状が届くことにはなるのですが、債権者が離婚後の連帯保証人の居場所を知らなければ、多くの場合、連帯保証人も、主たる債務者のローン滞納を知ることはないのです。

結果、クレジットカードなどの申込をした際に、初めて自分がブラックリストに載ってしまったことを知ることになるのであります。

こうした事後的なやり方は、どのような状況においてもあまりよろしくないことはご理解いただけるはずです。

婚姻関係は解消されても、ローンの関係は続くのですから、関係が続く限りにおいては、やはりきちんとした対応を行うべきでしょう。

話し合いによってもららされる任意売却の進み方

不動産を購入する際には、いろいろと話し合ってローンを組まれたかと思いますので、ぜひ離婚をする際にも、いろいろと話し合うことが望ましいです。

もし、ローンに関する話し合いをせず、離婚をしたのであれば、住宅ローンを滞納する前の段階で、元配偶者に対して、事前に告知をしておくことが最大限求められます。

そうすれば、心置きなく、任意売却は進めることが可能だと思われます。

なお、債権者によっては、任意売却に際して、連帯保証人や連帯債務者の承諾を必要とする場合もあります。この点からしても、滞納の事実を、できる限り早期に知らせておくことは重要です。

少なくとも、連帯債務者や連帯保証人から、事前に連絡をしなかったことによる、怒り分ぐらいは、軽減させることができるはずです。

また、任意売却に際して、連帯保証人の承諾が必要とされる場合では、スムーズに任意売却の手続きを進めることが可能です。

元配偶者に迷惑を掛けたくないがゆえに、躊躇されるかと思いますが、知らせないことで逆に迷惑をかけてしまう場合もあります。

ぜひ事前の話し合いの重要性をご理解いただきたく存じます。