税金の分割納付申出後の任意売却

税金分割納付

住宅ローンを滞納しても、なにもしないでいる状態は、基本的には、よくない行動です。

もちろん、これは、税金の支払についても妥当することです。

会社倒産によって、税金やローンが支払えなくなったYさんのケース

税金の支払も難しくなったYさんのケース

大手企業に務めていたYさん。収入もとても良かったのでしたが、あいにく、不況の影響もあり、勤め先の倒産によって、職を失ってしまいました。

しばらくの間は、失業保険の給付金で何とかしのいでいました。しかし、年齢的なことや求人市況の悪化を受け、再就職活動は、なかなか思うように進みません。

そうこうしているうちに、1年以上の年月が過ぎ去り、給付が切れる期限が近づいていました。

このままだと、毎月13万円の住宅ローンの支払はとてもじゃないですが、できません。

加えて、在職時の収入に基づいた住民税の納付や固定資産税の支払も厳しいのは、当然です。

Yさんの行動

そこで、Yさんは、まず、市役所に行って、納付が苦しい事情を丁寧に説明しました。

どうやっても、支払いが難しい事情を、誠意をもって伝えたのです。

すると、暫くの間は、毎月5千円ずつの分割払いで、納付をすることを、役所から了承を取り付けられたのでありました。

その後、住宅ローンの支払も難しく、滞納を始めたので、自宅を任意売却することに決めました。再就職が決まっていなかった状況の中では、Yさん、とても勇気ある決断だったはずです。

Yさんのその後

Yさんは、その後、任意売却の売却活動期間中に、再就職の目処が立ち、うまくいくことができました。また、迅速に対応した結果、競売手続きに入ることなく、任意売却を終えることもできました。

もしYさんが、ローンも滞納して、税金も支払わずに、そのままにしていたのであれば、自宅に差押がなされていたことも大いにありえるでしょう。

状況によっては、任意売却でまとまらずに、競売になっていた可能性もありえます。(※『任意売却ができない場合とは?』)

そうした意味では、Yさんのような行動は、任意売却にあたっては、かなり重要な行動・対応であったのだと言えます。

税金の滞納によって、自宅に差押がある場合

任意売却を進めるにあたっては、物件に対して、差押の登記がなされていると、役所や税務署などといったところと、差押に関する解除交渉が別途必要になります。

参考:『任意売却にあたって、滞納した固定資産税は?

こうした解除交渉手続きは、もちろん、任意売却の担当者が行うのでありますが、役所によっては、全額納付しない限り、認めないというケースもあり、担当者としては、基本、避けたいのが本音です。

実際、全額納付しか認めない役所は、年々、増えているのが実情です。このような場合に、任意売却を進めるとなると、少なからず時間や費用がかかってしまうのが現状であります。

Yさんの場合、税金の滞納をする前から、役所に対して、誠意ある対応で臨み、納付計画を提示しましたので、差押手続きがなされることがなかったと言えるでしょう。

なお、競売手続きに入れば、分割納付に関係なく、容赦なく差押を行う役所がありますけども、多くの自治体では、柔軟な対応をとってくれるところが多いと思われます。

任意売却に際しての税金納付に関するまとめ

住宅ローンを滞納して、任意売却をする可能性がある場合、税金の納付については、滞納をする前に、役所に行って、毎月数千円の金額でも良いので、分割払いで支払っていくのが良いでしょう。

役所に行き、事情を説明すれば、分割払いができることが多いです。極力、税金の滞納は避けるのが望ましいのです。

役所も誠意ある対応であれば、事情を考慮してくれて、差押手続きを取ってくることは少ないとは思われます。

払えない事実は変わりませんけども、具体的かつ前向きな行動は、その後の未来を大きく変えていくはずです。

税金の支払いが苦しいのであれば、まずは滞納をする前に、分割支払の申出を役所にお願いしてみることをぜひお勧めいたします。

(※参考:『任意売却の税金の滞納』)