整理整頓そして迅速な行動による任意売却

整理整頓

任意売却をスムーズに進めるためには、室内が整理整頓されており、かつ、正しい迅速な行動がとても重要です。

室内が整理整頓されていますと、購入者の方が内覧をした際に、購入した後のイメージを描きやすく、購入申込者の決断に至るスピードがとても早くなるのです。

自ずと、任意売却も迅速に行われるというわけですね。

リストラをされたTさんのケース

悩み抜かれた上での決断と迅速な行動

リストラによって、収入源を失ってしまったTさん。

会社都合による退職を機に、自宅を売却して、故郷である山梨へ戻ろうと決めたのでした。

自宅の売却や帰郷への決意をするまでには、やはりいろいろ悩みぬかれたそうです。しかし、その後、それらの決意をしてから動くまでの行動は、実に迅速でした。

自宅の売却のために、近所の不動産屋に見積り査定をしたところ、その不動産屋から、「売却金額は、ローン残高をかなり下回るので、差額分を用意して、ローンを全額完済しない限りにおいては、売却はできません。」と言われたそうです。

リストラにあい、収入すらないままならない状態なのに、わずか手持ちの現金を使ったとしても、完済することは難しいのは、目に見えていました。

良き弁護士への相談

そこで、Tさんの気持ちとしては、「やはり自己破産しかないのかな?」と不安に思ったので、すぐさま、その不安を確認すべく、無料相談を行なっている弁護士に相談したのであります。

ところが、無料相談を行っていた弁護士には、なんと、こう言われたのでした。

「自己破産をするのではなく、任意売却をしてはどうか?

最初の段階で、任意売却を勧める弁護士なんて、それほど多くありません。任意売却の仕事に携わっている人間からすると、なんて気が効く弁護士なのだと、ほんと思いますね。

破産ではなく任意売却への選択の切り替え

結局、Tさんは、破産ではなく、任意売却をしたほうが良いという結論にいたり、すぐに任意売却を扱う会社に相談をしたのでありました。

Tさんの場合、任意売却をしようと決めてからも、内覧のための準備活動が非常に迅速でした。

室内を整理整頓され、積極的に行いましたので、任意売却の活動を開始してから、わずか数週間で、購入申込を得ることができました。そして、その後1か月ほどで、引渡しを行うことができたのです。

Tさんのその後

最終的には、ローンの残債が800万円ほど残ってしまいましたが、決意された通り、実家に戻ることができ、そのうえ、かねてより希望されていた仕事に就くことができたのであります。

ちなみにですが、Tさん、破産は選択されませんでしたね…。必要ないとわかったからです、はい。

この点、ほんと、弁護士の方に感謝しなければなりませんね。

まとめ

物件を内覧された方は、結構多かったのですが、その多くの方が、「部屋が綺麗に片付けられていますね。」とおっしゃっていました。

部屋の中が整理整頓されていますと、購入者の方が持つ印象も、好印象になることがよくわかります。

もちろん、迅速に売却をするためには、金額的な魅力もありましたが、やはり、Tさんの前向きかつ積極的な行動が、任意売却を迅速に行う要因になったのは、紛れも無い事実です。

室内が整理整頓されて、スピーディに行動すると、物事の考え方まで、整理整頓され、良き方向に運命までも、もしかしたら変えることができるのかもしれませんね…。まさに任意売却のメリットといえるのではないでしょうか?

行動はほんと大事ですよ!