病気やケガで働くことができなくなって任意売却

病気やケガが原因で、住宅ローンの支払が困難に…

住宅ローンの支払いができなくなる原因は人さまざまです。

企業のリストラや業績悪化によって、収入が減少し、任意売却を選択される方というのは、圧倒的な多数でしょう。

しかし、その一方で、病気やケガなどによって、任意売却を選択される方も、結構多くいらっしゃいます。

  • ストレスによって、うつ病になってしまい、長期間入院してり、仕事を休まざるを得なくなった結果、ローンが支払えず、任意売却をされる方
  • 予期せぬケガなどによって、仕事を休まざるを得なくなり、住宅ローンが支払えなくなり、任意売却をされる方
  • うつ病になってしまい、仕事に復帰することができず、会社を退職してしまい、結果、ローンが払えず、任意売却をされる方

…etc。

もちろん、住宅ローン返済中に、病気やケガなどで、仕事ができなくなったのであれば、各種保険や休業保証、傷病手当金などがあるうちは何とかなります。

しかし、それがなくなってしまえ、自ずと、返済は難しくなります。休業保証や保険といっても、限界はあるのです。

ローンが支払えずに任意売却

上記のような原因で、住宅ローンが払えずに、任意売却をするしかないと決めれば、さほど大きな問題は生じないです。

任意売却後において残債務が生じても、住宅ローン系の保証会社であれば、ある程度、柔軟に応じてもらうことが可能だからです。

特に、病気やケガなどによって働けなくなった場合などであれば、収入の見込みがないとして、そのまま債務をゼロにしてもらえる場合もありえます。

高い金利である消費者金融からの借入金

しかし、病気やケガなどによって、住宅ローンが支払えなくなった方の中には、冷静な判断ができない方も少なからず、いらっしゃいます。

自宅を失いたくない一心で、消費者金融からお金を借りてしまう方も中には、結構多くいらっしゃるのです。

仕事ができない辛い気持ちや、うつ病などで、冷静に考えられないことが相まって、そうされた選択をしてしまうのでしょう。

しかし、これは、残念ながら、根本的な解決にはつながりません。

高い金利の会社から借りてまで、無理をして、住宅ローンの支払いを続けることは、いずれどこかで、行き詰まりまることです。他から借入をして、無理しながら、住宅ローンの支払いを続けることは、現実的ではないのです。

大事なことは、ご自分の病気やケガを完治して、家族の幸せを守ることです。冷静になることは、とても難しいでしょうが、くれぐれも、そのことを理解していただきたいと存じます。

まとめ

病気やケガは、予期せぬ場合がほとんどです。しかし、このときに、どういった対応をするかで、家族の将来が大きく変わってくるのは確かです。

治療に専念しなければいけない間は、まずは、そのことだけを考える必要があります。自宅を守ること以上に、自分の健康や家族を守ることを優先しなければいけないのです。。

人間というものは、とかく何かのきっかけで、物事の考え方が大きく変わってくるものでが、特に、健康というものがいかに大切なのかがわかったときには、それが如実として現れるかと思います。

住宅ローンよりも大切なものがあるのだということを理解していただきたく、ローンの支払が困難になった場合には、冷静な立場で、きちんとした解決策が示せる専門家に、ご相談をしていただきたいと存じます。

【補足】

うつ病などによって、精神疾患を持たれた場合には、一定の場合、国による支援制度が受けられる場合があります。

任意売却を決意したといっても、状況によっては、長期間に渡る場合もあります。

少しでも負担を軽くするためにも、いろいろな制度を利用されていただきたいと存じます。