買戻し(リースバック)という任意売却

リースバック

連帯保証人となって自宅を失う前に…

前回の『連帯保証人と任意売却』の続きでもありますが、借入債務に係る連帯保証人となりますと、主たる債務者がローンの支払いをしない場合、基本的には、連帯保証人が、その返済義務を負うことになります。

自分の債務ではないのに、多額の支払義務を負ってしまうということです。

この場合、残高一括請求に対して、支払えないと、自己破産をしたり、また、自宅を手放さなくてはいけなくなったりします。

この点、連帯保証人の方で、住宅ローンはあるものの、何としてでも、家を手放したくはない人は、あらかじめ、協力的第三者に対して、売却を行う必要があります。

いわゆる買戻し(リースバック)をするという方法です。

どちらかというと、任意売却の中では、若干特殊な売却の部類に入るのかと思われます。

買戻し(リースバック)が可能な場合とは?

身内間で協力的な第三者がいる場合には、この買戻し(リースバック)が可能です。

ただし、身内間売買を行うためには、自己資金として、それなりの現金が必要になり、また、協力的な第三者がローンを組めるだけの属性が、条件として求められたりもします。

また、親兄弟や親戚、知人等の中で、買い手となってくれる人を探すことになりますので、ハードルが高いです。必要に応じて、家賃も支払う必要があります。

一方では、リースバックを専門に行う不動産会社(貸し手となってくる買い手)も現実にあります。

しかし、この場合は、将来的に自宅を買い戻すことが大前提となり、うまく任意売却ができたとしても、それなりの家賃を支払っていかなければなりません。

あいにく、家賃や将来の買戻し時の購入金額が大きな金額となり、現実には、結構難しいのが実情です。

協力的第三者がいれば、一時的に自宅を売却しても、住み続けることはできますが、お金を出して買い手となってくれた人から、将来的に買戻しをしなければなりません。

まとめ

何が何でも、自宅を手放したくないという方には、買戻し(リースバック)という方法が良いでしょう。

他人の借入金で、自宅を失いたくはないという方には、買戻し(リースバック)という方法があるということを、ぜひ気にとめたいただければと思います。

連帯保証人として債務を負う場合であっても、やるべきことがあります。

任意売却をすることで、一旦は、買戻し(リースバック)を行うことで、自宅を手放すことになりますが、身内間で売却を行えば、最終的には、自宅を手放さずに済みます。

早めの行動をすれば、いろいろな選択肢がとれるのですからね!

ぜひ任意売却の良さを理解していただきたいと思います。