任意売却解決事例

任意売却で解決された【事例一覧】

運営者が任意売却にて解決してきた事例の一例です。

住宅ローンを滞納するまでの背景は、会社都合退職、リストラ、離婚、給与・賞与削減、売り上げ減少など、皆様、様々ですが、ほとんどの方々が、任意売却を選択し、ホッとされております。

運営者としては、これまでの解決事例が、幸せに導く小さな一歩につながればと思い、記した次第です。

【事例1】会社都合退職による 東京の任意売却

【事例1】

Sさんは、東京郊外の3LDKのマンションに居住。

一人娘である娘さんは、既に嫁いでいたので、自宅マンションでは、専業主婦の奥様と2人で暮らしておりました。

マンションを購入して、10年ほど経った時、不況の煽りを受けて、勤務していた会社の業績が悪化してしまいます。

それに伴い、Sさんは、勤務先である会社から事実上のリストラ通告を受けることになり、退職を余儀なくされてしまいました。

【事例2】リストラ退職による 東京の任意売却

【事例2】

奥様と2人のお子様を持つ40代前半のFさんは、東京都M市の3LDKのマンションに居住。

マンションを購入して、約10年間は平穏に暮らしていました.

しかし、あいにくの経済情勢で、勤務先の会社は業績悪化となり、突如、会社からリストラをされてしまい、職を失ってしまいました。

会社退職後は、家族を養うため、派遣社員としてすぐに働き始めましたが、あいにく前職で得られていた収入には、遠く及びませんでした。

正社員として勤めていた奥様の収入を合わせても、住宅ローン返済は苦しく、次第にローンを滞納するようになっていきました。