強引な手法で任意売却を促していないかを確認

強引に任意売却を促す手法の会社

任意売却に対する会社の方針(考え方)を確認』や『根拠がない発言をしていないかどうか?』でも書きましたが、任意売却を依頼する相手先は、不動産会社です。

残念ながら、昔ながらのやり方を踏襲し、投資用マンションを販売するような強引な手法で、任意売却を促す会社や担当者も存在します。

基本的には、そうした会社では、利益追求至上主義の会社であると言えますので、依頼者のために動くというよりも、組織の方針や担当者個人の数字実績を優先させる傾向があります。

このような会社のもとでは、数多くの依頼を受け、案件を数多く、捌いていくことが何より求められます。依頼者の気持ちや状況といったことが、二の次、三の次なのです。

中には脅しをかけてくるような会社も…

会社によっては、今すぐ自分のところで、任意売却を依頼しないのなら、任意売却では、まとまらずに、なおかつ、競売になって、恐ろしい状況になってしまうような錯覚さえ、押し付けてくる会社もあります。

任意売却の依頼を受けがたいがために、いろいろな話を持ちかけてくるのです。

任意売却にも、競売にもそれぞれ、メリット・デメリットはありますし、また、状況によって、競売が良い場合もあるのです。どちらかいいのかは、一概には言えません。

脅しに近いようなことをしてくる会社は、まったくもって論外なのですが、一応、こうした会社には、注意が必要です。

よく考えてから、任意売却をするかどうかを返答しましょう。

まとめ

任意売却を行うかどうかの選択肢は、債務者である所有者が決めるべき事柄です。

上記会社の中には、知名度や大手ブランドといった売り文句で営業している会社も、含まれています。大手の看板があるとはいえ、決して例外ではないのです。

お客様第一主義と掲げた名目的な看板のもと、実質的には、利益を追求しているわけですので、ある意味、性質が悪いといっても過言ではありません。

上記注意点を十分に理解し、任意売却の会社や担当者が、強引な手法で、任意売却を迫ってこないか、確認されるの良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ