担当者が柔軟な行動をもって対応してくれるか?

担当者が柔軟な行動をすること

任意売却の仕事を行うにあたっては、論理的な思考力を持ち、相手の意図を組んだ上で、思ったことをすぐに柔軟に行動へと移せることが必要となります。

つまり、実行力のある優れた人が、任意売却の業務にあたって求められるのです。

自ずと、このような人は、相談者のみならず、相手方である債権者からも信頼されることとなります。

特に、競売開始決定後においては、スピード力が求められ、対応できる臨機応変に対応できる機知さが要求されます。

悩みや質問への迅速な対応

任意売却の依頼期間中、ふとしたことで、何かの不安が生じたときに、担当者へすぐに連絡がつかないのであれば、その間ずっと不安は解消されず、不安を持ち続けることになります。

担当者がもし休みをとっていて、連絡がつかないのであれば、臨機応変に対応ができるとは言えません。

また、相談者への対応を考えると、いつでも連絡がとれるような段取りが望ましいのであり、何かあった時に遠慮なく連絡ができるような流れを整えるのが、本来担当者の役目でもあります。

任意売却の担当者に、休みなど本来ありません。相談者の不安が生じたら、すぐに対応すべきなのが普通でしょう。

したがって、任意売却をスムーズに完了させるためにも、迅速かつ柔軟に対応できる行動が、求められ、相談者の問いかけに対して、回答が早ければ早いほど、仕事ができる担当者と言えるでしょう。

まとめ

相談者からの迅速な対応は、任意売却をまとめるための必要条件です。

任意売却の相談にあたって、その会話から、柔軟な行動ができるか、また機知に富んだ考えを持っているかを、確認されるとよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ