任意売却の専門会社と一般の不動産会社の違いは?

『任意売却を行うにあたっては、どこの会社に頼むのが一番良いのでしょうか?』

所有者や債務者の方からよくいただく質問です。

任意売却と一般の不動産売却との違い

通常、すぐに思い浮かぶのは、身近にある不動産屋さんや知名度のある大手不動産仲介会社かと思います。任意売却という言葉すら知らないような状況の中で、このように考えることは、ごく当たり前のことです。

しかしながら、任意売却を専門とする会社も、少なからず、存在するわけでして、どちらの会社で任意売却をしたらよいのか、また、どのような違いがあるのかを、きちんと分けて知っておく必要があります。

任意売却とは

そもそも、任意売却とは売却金額が市場価格を下回るときの不動産売却の事を言うわけです。

当たり前のことですが、借入金額を全額返済しないと、融資金融機関である債権者は、不動産についている担保の解除を認めません。

この点、担保の解除に関しては、複数の債権者がいる場合には、それなりの調整に係る交渉が必要となるのも現実です。

交渉事は、極めてシンプルなものなのですが、任意売却の手順を踏まえた交渉というものは、実に時間がかかるものであります。そのうえ、住宅ローンの返済が完済できないわけですから、銀行など担当者から、いろいろと嫌みを言われたり、また、きちんとした返済計画なども要求されることも頻繁です。

こうした大変な手続きや交渉を、誰かがやらない限りにおいては、任意売却は進まないのであります。

不動産売却を取り扱う各不動産会社の違い

近所の不動産屋さん

不動産の地域性に関する経験や実績は、地域密着ならではのメリットがありますので、この点を、近所の不動産屋さんに期待するのであれば、良いかと思われます。

ただし、必ずしも、不動産を購入したいお客さんを、常時抱えているとは限りませんし、また、売買ではなく、賃貸を専門のする不動産屋さんが多く存在するのも確かです。

もし、任意売却の依頼を、近所の不動産会社に任せた場合には、任意売却や競売のことについて、知らない場合が多いですので、依頼内容によって、話がまとまる確率は、低くならざるを得ないでしょう。

また、近所の不動産屋さんに、任意売却に関するノウハウの蓄積は、あいにく期待することもできないでしょう。

弁護士に並みに、六法の知識が、要求される任意売却においては、残念ながら、ハイレベルな知識を、近所の不動産屋さんに要求するのは、失礼ながらも、大変酷なことです。

知名度のある大手不動産仲介会社

一方、知名度のある大手不動産仲介会社では、一般的な任意売却の取り扱いは、ここ最近は、できるようにはなりました。

住宅金融支援機構などといった任意売却であれば、任意売却の手順がきまっていますので、大手の会社であれば、マニュアルがありますので、そう難しくはないでしょう。

法律に係る知識も、本部に問い合わせをすれば、時間がかかっても対処が可能なはずです。

ただし、時間がかかる任意売却や、また債務者にとって必要となるサービスの提供については、到底、期待することはできません。

任意売却の場合、債務者の苦しい資金状況を踏まえる必要があります。組織だった大きい会社では、組織の方針が所有者や債務者の気持ちよりも優先され、個別の状況に応じた対応は、大変難しいです。

そのうえ、任意売却をした後のフォローなんてものは、担当者の入れ替わりが激しい大手の仲介会社では、心もとないことは言うまでもありません。

知名度のある大手不動産仲介会社では、時間も手間もかけられないのが現実なのです。

つまり、不動産売却に際しては、効率良く、いかに利益を出して売却ができるかということが求められるわけです。

手間暇がかかる任意売却は、基本的には、優先案件とはなりえません。個別の柔軟な対応を望む依頼者(債務者)の方にとっては、大手の仲介会社の場合、あいにく、向いていないと言えるでしょう。

任意売却の専門会社

これに対し、上記述べた事柄であれば、任意売却を専門会社に依頼をするば、柔軟に応じることができます。

普通の不動産会社では、扱っていない残債務の交渉(債権処理ノウハウ)や、固定資産税等の滞納金の交渉、引越のタイミングに関するアドバイス、任意売却後の精神的な面でのフォローまで、幅広いサービス・サポートが期待できます。

特に任意売却専門会社ならでは見せ所は、個別の案件に即した柔軟性ある対応・行動です。

残債務を減らすノウハウなんて、任意売却の専門会社ならではのことでしょう。

そのうえ、リースバック(買戻し)といった任意売却ともなれば、任意売却の専門会社であっても、それが実現できる会社や担当者は、辛い現実ではありますが、ごくわずかです。

銀行などの債権者とのスムーズな流れを作るためにも、任意売却の手順や対処方法を把握しているほうが、良いことは言うまでもないでしょう。この点、任意売却の専門会社が必要となる現実は、ごく自然なことかと存じます。

総括

任意売却は、専門的な知識、任意売却独特の手続き、そして、それに対する適切な方法があってこそ実現できるものです。

通常の不動産売却とは大きく異なりますので、そのことを、きちんと知っておくことが望ましいでしょう。

任意売却でありながらも、普通の不動産売買と同じように、仲介手数料や司法書士の報酬等を、依頼者(債務者)に要求する不動産会社だってあるのですからね…。

つまり、任意売却をスムーズに進めるのであれば、任意売却の専門技術を持った担当者に依頼するのが一番です。

おわかりいただけましたでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ