任意売却は弁護士などの法律家に相談しても解決する?

『任意売却は、弁護士などの法律専門家に相談しても、解決しますか?』

債務者・所有者の方から、質問をよくいただきます。

任意売却を弁護士などの法律専門家に相談するメリット

住宅ローン滞納を主とした任意売却の場合

任意売却、基本的には、ローンの返済が困難となった場合における不動産売却の一手段です。

したがって、住宅ローン滞納といった不動産売却という側面だけを捉えるのであれば、弁護士などの法律専門家に相談をする意味は、メリットとしては、あまり大きくないでしょう。

仮に、弁護士等に住宅ローン滞納に関する任意売却の相談をしても、任意売却自体は、不動産会社が仲介業務として、執り行うことになりますので、基本的には、直接任意売却の専門会社に相談をされる場合と、そう大差はないです。

むしろ、任意売却の会社に早期の相談をしたほうが、買戻し(リースバック)といった相談もでき、弁護士などの相談料が発生しない分、費用の軽減が図れるはずです。

住宅ローンの他、かなりの多重債務がある場合

ただし、住宅ローン滞納に関する任意売却のみならず、借入金が他にもある場合(例えば、消費者金融などから借り入れがある多重債務の場合)には、自己破産などの債務整理を前提とすれば、弁護士などの法律専門家に相談をすれば、それなりのメリットを実感できます。(※闇金の場合も含みます。)

消費者金融などの多重債務を抱えている方にとってみれば、これまでに債権者からの厳しい督促で、心理的に辛い思いをしているわけで…

この点、弁護士に相談し、依頼をすれば、債権者側に対して、弁護士介入を通知した結果、債権者からのしつこい督促や請求は、ぴたりと止まることになりますので、かなりのメリットになります。

督促が止まることによるメリットを実感できるはずでしょう。

その他、かなり昔から、消費者金融から借入して、返済をしてきた方であれば、利息の引き直し計算が行えることもありますので、状況に応じては、過払い金が戻ってくることもあります。

このような場合には、弁護士などの法律専門家に相談をするメリットが、大きくあります。

任意売却を弁護士などの法律専門家に相談するデメリット

当然、メリットがあるということは、デメリットもあるということです。以下、その説明です。

弁護士の着手金や破産のためのお金がかかる

弁護士に依頼するにも、また、自己破産をするにも、費用(お金)がかかります。

過払い金を請求するとなれば、多少なりは、お金は戻ってくるでしょうが、それでも、それ相応の報酬が徴収されることになります。(※過払い金のメリットについては、今後なくなる傾向に…。)

基本的に、ローンが払えず、お金がないので、自己破産をするわけですが、着手金の準備や自己破産後の報酬の分割払いなど、負担という意味においては、決して楽になるわけではありません。

また、ここ最近は、初期相談に限って、無料で相談を受け付けてくれる弁護士等も増えましたが、多くの弁護士事務所では、初期相談において、まだ有料のところが多いです。

9割方の弁護士が自己破産を勧めてくる

弁護士等の法律家は、法律を使って問題を解決するのが仕事です。したがって、当然のことながら、自己破産を勧めてきます。

もちろん、自己破産自体は、悪くはなく、それなりに良い制度であります。

ただ、連帯保証人に迷惑をかけたくない点で、自己破産を望まない方も少なからずおり、また、自己破産自体が、実務の観点から、必要ないと判断される場合も多く存在します。

この点は、法律を主に使って、問題解決できないという点において、残念ながら、デメリットがあることは、否めないです。

交渉事という実務のことを踏まえると、債務者の方にとって、限りなく負担のない最良となる方法が提案できるのは、法律家ではないでしょう。現時点においては、残念ながら、弁護士等の法律専門家にそれを望むのは、難しいです。

弁護士等の法律家は、売却活動はしない

物件の売却活動は、不動産会社が行います。弁護士等の法律家は、行いません。

具体的に、任意売却をするにあたり、販売価格の査定や購入申込金額その他取引に係る条件交渉等は、すべて不動産会社が行います。

そのため、弁護士等の専門家に依頼をしても、結局は、弁護士から紹介された不動産会社業者などに、再度改めて依頼することとなります。

総括

上記に述べましたように、多重債務の場合(消費者金融等の借り入れ数が相当数に上る場合)には、自己破産などの法的手続きをすることによって、精神的な苦痛から、大きく解放される可能性が高いす。

よって、そのような場合には、弁護士等の法律家に相談してみることは、良いことでありましょう。

ただ、借入先が数社だけの場合や、または、住宅ローンしかないような場合に、任意売却の相談を、最初に弁護士等の法律家に相談することは、あまり得策ではありません。

必要のない自己破産をする可能性や、また、余計な負担が増す可能性があります。なので、基本的には、まずは任意売却の専門会社に相談をされたほうが、負担のない解決が見込めるかと思われます。

もちろん、自己破産を熱望するのであれば、それはそれで構わないことです。

しかしながら、そのような場合であっても、『自己破産をした後に、任意売却をした方が良いのですか?』で、書きましたが、任意売却後に自己破産をしたほうが、費用の面から、負担が少なくなりますので、このことを改めて理解する必要があるかと思います。

よって、住宅ローンを滞納したのであれば、まずは、任意売却の専門会社に相談をしてみましょう。(そのうえで、明確な回答が得られないのであれば、弁護士等の専門法律家に相談するのがよろしいかと…。)

わかっていただけましたか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ