期限の利益喪失とは何でしょうか?

『期限の利益喪失とは、何でしょうか?』

債務者の方から、よく質問を受けます。

期限の利益と期限の利益喪失

期限の利益とは?

期限の利益とは、期限を決めることで、債権債務に係る当事者が受ける利益のこと、つまり、期限が到来するまで、債務を履行しなくてもよい債務者側の利益のことを言います。

わかりやすく説明しますと、契約書上で規定された期限が来るまでは、借入金等の債務に関する返済を行わなくてもいい債務者側の利益のことです。これは、一方で、債権者側の不利益を意味します。

期限の利益喪失とは?

期限の利益喪失とは、債権者が債務者に対して、債務の履行を請求できること、つまり、債務者側の利益が失われるということを意味します。

わかりやすく説明しますと、期限の利益を無効(喪失)にさせることで、債務の返済に関する一括請求ができるようになるということです。

住宅ローンで簡単に説明しますと…

期限の利益とは、住宅ローンを3000万円借りたとしても、約定書(金銭消費貸借契約書)で決められたと通り、毎月の支払いを滞りなく支払っている限りにおいては、銀行などから、一括弁済の請求をされることはないということを意味します。

その一方で、期限の利益を喪失するとは、決められた通りにローンの支払いができなくなったときには、約定書に定められた期限の利益喪失事由に該当することになったので、借入先から、住宅ローン全額返済の請求をされても、拒むことができないことを意味します。

つまり、住宅ローンをきちんと支払っている限りにおいて、突然に銀行から一括弁済請求がなされないのは、銀行等の金融機関が紳士的だからではなく、約定書に定められた期限の利益喪失事由に該当しないから、返済請求がなされないというわけです。

期限の利益喪失というと、言葉はとても難しいように感じられます。決して難しいことはありません。端的に、債権者からの支払いに関する最後通知として捉えてくらいで、よろしいかと思います。

民法及び当事者間の約定書における期限の利益喪失

民法における期限の利益喪失

民法では、137条で期限の利益喪失を定めています。

民法 第137条(期限の利益の喪失)

次に掲げる場合には、債務者は、期限の利益を主張することができない。

  1. 債務者が破産手続開始の決定を受けたとき。
  2. 債務者が担保を滅失させ、損傷させ、又は減少させたとき。
  3. 債務者が担保を供する義務を負う場合において、これを供しないとき。

民法を勉強されたなら、お馴染みの条文ですね。

約定書(金銭消費貸借契約書)における期限の利益喪失

一方、多くの約定書(金銭消費貸借契約書)では、書類によって、文言は異なりますが、以下のような文言で期限の利益喪失事由が規定されています。

第○条(期限の利益喪失)

次の場合,乙は,甲からの通知催告がなくても当然に期限の利益を失い,直ちに残元利金全てを弁済しなくてはならない。

  1. 1回でも元金もしくは利息を期限に支払わないとき
  2. 他の債務につき仮差押え,仮処分又は強制執行を受けたとき
  3. 他の債務につき競売,破産,民事再生又は会社更生手続の申立てがあったとき
  4. 乙の振出し,裏書,保証にかかる手形・小切手が不渡りとなったとき
  5. 甲に通知せず,乙が住所を移転したとき

通常、多くの約定書で、期限の利益喪失事由が定められているのは、前記の民法の規定だけでは、債権者にとって、不都合だからです。

つまり、民法だけの期限の利益喪失だけによるのであらば、破産をしない限り、一括請求をすることができません。債務者側の借入金の滞納が発生したときに、債権回収の手段が大きく限定されるることになるからです。

そのため、民法よりも期限の利益喪失に関する条件を厳しくする形式で、特別に、約定書(金銭消費貸借契約書)に期限の利益喪失事由を定めたのです。

任意売却の場合

任意売却でも、ローンの支払いが滞るという点で、基本的にはすべて上記と同じです。

毎月の住宅ローンの支払いは、債務者の義務として、きちんと支払っていれば、期限の利益が受けられます。

ただし、住宅ローンの支払いが滞った場合、滞納後、銀行などの金融機関からの督促や催告を無視し続ければ、必然的に、債務者側は期限の利益を喪失してしまうことになってしまいます。

結果、金融機関などの債権者は、債務者に対して借入金の一括返済を行うようになります。同時に、金融機関は、保証会社に代位弁済の手続きを請求し、保証会社から借入金の一括弁済を受けることになります。

保証会社は、債務者の代わりに、金融機関へ支払いをしました。なので、求償権というかたちで、債務者に対して、債権を取得し、一括弁済に見合う形で、担保となっている不動産を任意売却して、債権の回収を図ろうとします。

このときに、さらに、債務者が、保証会社の申入れや連絡を無視すれば、担保権者としては、競売の手続きをとって、債権回収を図らざるを得なくなります。

期限の利益喪失のまとめ

住宅ローンの返済は、きちんと約定書通りの期限を遵守していれば、何ら問題はありません。

銀行等の金融機関にとって、真面目な債務者は、とても良いお客様です。

ところが、数回でも住宅ローンの支払いが滞ると、その良好な信頼関係は崩れます。

一括弁済ができなければ、当然、債務者は、不動産を売却して、返済をすべく、借入金の圧縮に努めなければなりません。

最終的には、法的手続きである競売によって、自宅の売却を行うのか、それとも、当事者間の任意の意思のもとで、高値の売却ができる任意売却を行うのか、債務者は選択しなければならなくなります。

よって、まずは、期限の利益喪失になりそう、もしくは、そうなってしまったのなら、早めに任意売却を専門とする会社に相談をすることをおススメ致します。

もし、どうあがいても、ローンの支払いができそうになかったら、早めに弁護士に相談するのも良い方法です。
気持ちがグッと楽になりますよ。

サンク総合法律事務所

法律事務所の相談はこちら

わかりました?

サブコンテンツ

このページの先頭へ