任意売却後、残った借金は請求されない?

任意売却をすれば、残った借金は請求されない?

任意売却をされる方の中には、任意売却をすることで、借金がゼロになると勘違いされる方もいらっしゃいますが、残念ながら、任意売却をしても、借金(債務)がゼロになることはありません。

債務が免除されるほど、債権者は甘くはないです。

参考:『任意売却後の住宅ローンはどうなるの?

もちろん、「残った債務をなくしてくれませんか?」と言うこと自体は、債務者の方の自由です。

しかし、そんなことを言ったところで、逆に債権者から怒りを買うことは目に見えます。

よって、そんなことをあえて言わないほうが、債務者の方のためでもあり、得策です。

任意売却業者の甘い囁き

任意売却の業者の中には、「任意売却で借金がチャラになりますよ!」と、売却依頼を促す目的で、平然と謳う業者もありますが、これはまったくのデタラメです。

任意売却後、一定期間、残債務に関する請求がなされないというニュアンスで、もしかするとそのようなことを言っているのかもしれませんが、あいにく任意売却後の実際の現場では、ほぼ債権者から残債務に関する請求がなされているのが実情であります。

任意売却をしても、「残債務(借金)に関する請求は必ずくるのだ」という認識のもと、対応を準備しておくことがとても大事です。

もちろん、債権者が債権を放棄したり、債務免除したり、また請求を途中でしなくなったりすることはありますが、それはあくまで、債権者側が一方的に決めることです。

「債権がサービサーに譲渡されれば、わずかな金額でチャラに出来ますよ!」という任意売却の業者のいうことを鵜呑みにして、任意売却を決めたりしないことがとても重要です。

残った借金を請求されないためには

日本の法律では、任意売却によって、借金がチャラになるといった定めはありません。この点は、競売についても当てはまることです。

もし残った債務について、請求をなされないようにするには、自己破産をするか、または、支払いを拒み続け、時効が成立するなどの場合に限られてくるでしょう。

(ちなみに、税金に関しては、自己破産などの法的手続きによっても、免責となることはありません。参考:『任意売却にあたって、滞納した固定資産税は?』)

一方、借金が残るといっても、任意売却後の誠意ある対応で、債権者側から好意ある対応から、債務がチャラになるケースも全くないわけではありません。

参考事例:『任意売却をすると債務はチャラになる?

こうしたケースのように、任意売却後の債権者への対応や債権者の方針によって、任意的な対処によって、残債務がゼロになるケースも、全くないわけではありません。

上記事例では、Mさんは、残債務が免除されることを期待して、支払いを継続していたわけではなく、真面目な対応が、結果として、債権者が好意的であると受け取られたので、債務がチャラになったケースです。(※きちんと真面目に支払っていれば、このようなケースになるという事ではありません。ご注意ください。)

まとめ

残った借金が、請求がされないケースは、状況によってありえますが、基本的には、任意売却をしても、借金はなくならないのだというのが本来の残債務に関する正しい考え方です。

しかし、だからと言って、借金が残る事自体に、特段の不安を抱える必要はありません。

任意売却後、債権が譲渡され、債権者が代わっても、債務者側の生活収支状況が変わらず、支払いができないのであれば、無理のない範囲内の支払額で落ち着くのは、不変の事実です。

持っていないところから、出そうとしてもだせないわけですからね…。

(※お金があるにもかかわらず、支払わないのであれば、それはそれで、問題のあることです。)

わかっていただけましたでしょうか?

補足

それでも借金が残った事による不安が消えず、生活が成り立たないのであれば、自己破産という選択肢も一つの方法です。

参考事例:『任意売却をした後の自己破産

サブコンテンツ

このページの先頭へ